1月 2012

Pinterestにはまってしまって、

ピンク色のものを集めています。

やっぱりかわいいものを集めたり眺めたりするのは楽しい!

女子の気持ちをガッチリつかむサービス♪

話せば長い話になります。

 

小学4年から中学1年まで、上下とも歯列矯正をしていました。

その後、成長ともに歯並びがずれ、オープンバイトという状態に。

 

二十歳ごろ、代々木の歯医者にオープンバイトの相談にいったところ、

200万かかるといわれ、「都会は恐ろしい。」と思い、

子供の頃矯正をしてもらった長野の歯医者に相談にいきました。

 

その長野の歯医者で、「矯正の前に、虫歯の治療をしたほうがいいでしょう。」といわれました。

歯医者は本当にピン切りで、藪医者が多いから、信用できる医者を紹介しましょう。」といって、

水道橋の大学病院を紹介してもらいました。

そこでは、●●殿下の治療も担当しているような偉い先生に治療してもらっていました。

その後、虫歯の治療は終りましたが、仕事が忙しく、矯正をする余裕がなくなり、

歯の治療は保留にしていました。

 

数年後、品川区へ引っ越し、また虫歯になったため、近所の歯医者1へ通いました。

初めて行ったときに、明らかに近所の歯医者1が私の歯茎を傷つけたため、出血してしまいました。

それにも関らず、「口の中を怪我していたので、お薬をつけておきましたよ。」と恩着せがましく言ってきたので、

「この先生はあやしい。」と思い、行くのをやめました。

 

それで、次に駅にでかでかと看板の出ていた、遅くまで治療してくれる近所の歯医者2に行きました。

この近所の歯医者2がひどい歯医者で、夜間診療をしているというのがウリでしたが、

3人の患者を歯医者が1人で治療している状態でした。

 

あまりに代わる代わる治療して、カルテを記入して、と忙しなくやっているので、

「この先生、手洗ってないんじゃないか?」と不安になり、

自分が一番窓際の列に座っていたため、窓の外を見ているふりをして

ガラス越しに医者の様子をみてみたところ・・・

やはり手を洗わずに3人の患者の治療をしていました。

 

一番むこうのおばさんの口の中を治療して、カルテを書いて、

次に手前のお姉さんの治療をして、カルテを書いて、

そのまま私の元へ・・・!!

 

ギャー!!こんな不潔な歯医者は2度と来たくない。」と思い、

近所の歯医者2に通うのをやめ、別の近所の歯医者3へ通い始めました。

 

近所の歯医者3は年配でとても親切風でしたが、一本の歯の治療に何カ月もかかったりしていました。

しかも、つめたものが2,3週間でとれてしまったりして、何度も何度も通いました。

そのうち虫歯の治療は終って、普通に暮らしていたのですが、

突然、治療中でもなんでもない前歯に耐えられない痛みが発生してしまいました。

 

歯医者を信用していなかった私は、悩んだ結果、耳鼻咽喉科へ行きました。

すると、耳鼻咽喉科の先生が、「これは蓄膿症からくる痛みです。歯性上顎洞炎でしょう。」といって

治療してくれ、歯の痛みもなくなりました。

 

その後、また詰め物が取れて近所の歯医者3へいったときに、耳鼻咽喉科で蓄膿症の治療をしてもらった際に

歯性上顎洞炎だろうと言われた。という話をしたら、「奥歯があやしい。」といって、

奥歯の詰め物をとって、神経の治療をしてくれました。

その奥歯は、前回の不潔な近所の歯医者2で治療した歯だったので、蓄膿症の原因かは不明でしたが、

治療をやり直してもらえただけで満足でした。

 

その後、その近所の歯医者3に詰め物が取れるたびに通いましたが

あまりに頻繁にとれるため、いやになり、奥歯が欠けたのをきっかけに、職場近くの歯医者へ通うことにしました。

 

職場近くの歯医者は、私の彼氏が昔通っていた歯医者で、

近所の歯医者3が私の彼氏の歯をみて、「これはすごく上手いね。すごく腕のいい歯医者さんがやった治療だね。」

と言っていたそうなので、歯医者が認める歯医者ということで、行くことにしました。

 

初めて行ったその日に神経を抜かれたのはショックでしたが、

手際もよく、説明もよくしてくれ、治療器具も最新のもので、いままでの歯医者ではみたことのない器具を使っていました。

蓄膿症になった頃から前歯に違和感があったのですが、近所の歯医者3が「みたところ何も問題はない。」といっていたので

放置していたのですが、職場近くの歯医者にあらためて相談してみたところ、

「ちょっと様子を見てみて。」って言われたのですが、

昨日「先週言ってた違和感のある歯、その後どう?」と聞かれ

「前よりは違和感がなくなりました。」と伝えたところ、「この歯さ、たぶん神経が死んでると思うだ。削ってみてもいいかな?」と・・・。

神経が死んでる!?!?!?

いや、見た目まったく普通だし、ずっと前からこんな状態だし、そんないきなり前歯削るとかめちゃくちゃく怖いんですけど!!

と思いましたが・・・

 

私「削るって、痛いですよね?」

先生「いや、神経死んでると思うから、たぶん痛くない。」

私「今日ですか?」

先生「うん、今から。いいよね?」

 

とあまりに先生が軽~い感じだったので、削ってもらったところ、

まったく感覚がなく、やはり神経が死んでいたようです。

先週より違和感がなくなっていたのは、自分の体調が先週より良いからだそうで、

体調が悪いと、神経が死んでる歯の違和感も強くなるそうです。

あの前歯に耐えられない痛みが発生して蓄膿症の治療をしたときに、神経がお亡くなりになっていたんでしょうね・・・。

その後先生は当初予定していた下の歯+2本の治療もさくっとこなしてくれました。

 

強く打ったりすると神経が死ぬこともあるけれど、

女の子だし、一体どうして死んじゃったんだろうね?って。

ごく稀に矯正で神経が死んでしまうこともあるそうです。

また、この先生によるとオープンバイトの治療も60万くらいでできるそうで、

この職場近くの歯医者にもっと早く出会いたかったです。。。

来週の元同僚の結婚パーティーのために始めたダイエット・・・。

 

結婚式に着るドレスは他にも持っているのですが、

冬なので、「この袖のついたワンピースが着たい!!」

ということで、数年前に結婚式用に買ったワンピースを

試しに着てみたところ・・・

彼氏に「そのワンピースの下に着てるの、脱いで行った方がいいよ。なんかかさばってるよ。」と言われてしまい・・・。

ワンピースの下に着てるものだって!?

ワンピースの下は下着しか着てないっつーの(;一_一)

かさばってるのは肉じゃ~~~!!

 

・・・ということで、一念発起して食事を調整してみたり、トータルワークアウトで筋トレしてみたり

色々がんばっていましたが、

結局新しいワンピースをゲットしてしまい、ダイエットの必要性がなくなってしまいました(^O^)/

 

http://mogsnap.jp/2zoH #mogsnap

食べたもの

時間 内容 カロリー
9:00 パン1枚+ジャム 200
13:00 中華丼とラーメンのセット 1000
17:00 じゃがバターのお菓子 150
21:00 サラダ 200
22:00 抹茶のパウンドケーキ 200
合計 1750

運動

時間 内容 カロリー
移動 自転車20分 50
合計 50